SINSO(シンソー)トークンの評判は?最新の口コミや将来性を解説する!

SINSO(シンソー)トークンは、web3の発展に必ず必要とされる仮想通貨プロジェクトです。

SINSOトークンの将来性を見出して、多くの企業がパートナーシップを締結したり投資をしたりしています。

とはいえ、この記事を見ているあなたは、SINSOトークンに対して

  • 概要や特徴がわからない…
  • 評判が知りたい
  • 実際に、将来性があるのか教えてほしい

といった疑問があるのではないでしょうか?

そこで本記事では、SINOSOトークンの

  • 評判や実績
  • 将来性
  • 注目されている理由

について、解説しました。

仮想通貨にくわしくない初心者の方でも理解できるように専門用語をかみ砕いて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

SINSOトークンが気になっている方は、最新の情報を入手しましょう。

以下のSINSO公認特設サイトでは、SINSOに関する最新情報を確認できます。

SINSOの情報を見逃さないために、一度見ておきましょう。

SINSO公認特設サイトをチェック

SINSOは2023年に口コミ・評判が高まること必須のプロジェクト

SINSO(シンソ―)プロジェクトは、機関投資家の評価が高いため、2023年にSINSOの口コミ・評判が高まることは必須です。

SINSOは、ZOZO創業者の前澤友作氏が投資を決めるほど評価が高く、すでに仮想通貨プロジェクトとして成功しているFilecoinの関連プロジェクトだからです。

また、SINSOは大企業とのパートナー契約が多く機関投資家からの出資を受けていますが、こういったことも業界での評判が良くないと実現できません。

そのため、SINSOの口コミ・評判は今後も増えていく可能性があります。

 

SINSOプロジェクトの評価・評判

SINSO(シンソ―)トークンの評価は高いにもかかわらず、トークンがリリースされていないため口コミ・評判は少ないのが現状です。

現状は、多くの機関投資家だけがSINSOに注目している状態で、個人投資家まで情報が届いていません。

しかしながら、ステークホルダー(企業関係者)からの評価が抜群に高いため、良い口コミが出回るのは時間の問題でしょう。

SINSO(シンソ)トークンの口コミ・評判が出てしまう前のこのタイミングが、投資のチャンスになるとも言えます。

そこで、SINSOプロジェクトの現状の評価・評判をまとめました
SINSOの現状の評判は、

  • 評判①SINSOは機関投資家から評判が高く200億円を調達
  • 評判②SINSOは10~100倍の上昇が期待できると評判
  • 評判③SINSOがGAFAのクラウドサービスの一部シェアを奪うと評判
  • 評判④前澤友作氏もSINSOを高く評価し5億円出資
  • 評判⑤今後Web3に注力する大企業の間でSINSOは評判
  • 評判⑥SINSOはエアドロ実施で知名度も高まりつつある
  • 評判⑦SINSOのサービスはすでに大企業への導入が決まっている
  • 評判⑧複数のサービスを提供しているので需要が増えると評判

上記の8つです。
1つずつ、解説していきます。

評判①SINSOは機関投資家から評判が高く200億円を調達

SINSOは、すでに機関投資家から200億円以上の資金調達に成功しています。

200億円という大型の資金調達をしていることから、SINSOの技術を機関投資家が高く評価しているとわかります。

なかには「200億円と言われても、すごいのかどうかピンとこない…」といった人がいるかもしれません。

過去にバブル相場を起こしたSTEPNの初期調達額が約5億円であることを考えると、200億円という金額が莫大だとわかるでしょう。

SINSOは、目の肥えた機関投資家に期待されているプロジェクトです。

評判②SINSOは10~100倍の上昇が期待できると評判

SINSOは10倍~100倍の上昇が期待できると噂されています。

なぜなら、SINSOの類似プロジェクトが約10倍以上の値上がりをしているからです。

SINSOの特徴と類似しているレイヤー2プロジェクトの

  • Polygon(MATIC)⇛上場後148.5倍
  • dYdX(ディーワイディーエックス)⇛9倍

と、上昇していることから、同じくレイヤー2の特徴を持つSINSOにも期待が集まっています。

共通点を持つレイヤー2銘柄の過去の上昇は、SINSOの将来性を高める材料となります。

評判③SINSOがGAFAのクラウドサービスの一部シェアを奪うと評判

SINSOがGAFAのクラウドサービスのシェアを奪うと評判になっています。

GAFAのクラウドサービスは、市場を独占しすぎているため、

  • 情報の漏洩リスク
  • データを大量に収集できる
  • 障害が起きた際に世界中に与える影響が大きすぎる

といった問題が発生します。

すでに大企業と提携しているSINSOがweb3時代のクラウドサービスのシェアを一部奪う可能性は十分にあり得ます。

評判④前澤友作氏もSINSOを高く評価し5億円出資

ZOZOの創業者でもあり、自身でDAOを作っている経験がある前澤友作氏は、SINSOに投資をしています。

前澤友作氏の

  • Twitterのフォロワー数
  • DAOコミュニティの人数
  • 人脈や資金

といった点を考慮すると、SINSOにとって追い風になるのは間違いないでしょう。

今後「前澤友作氏が投資をしているなら、私も投資をする」と考えるたくさんの投資家が出てくる可能性が高いです。

前澤氏が投資している事実は、SINSOの評価を高めています。

評判⑤今後Web3に注力する大企業の間でSINSOは評判

web3に関心のある大企業の間で、SINSOは話題になっています。

提携している具体的な企業名は、以下の表にまとめました。

企業名 Twitterフォロワー 事業内容
AU21 Capital 2.2万人 ・グローバルベンチャーキャピタル。

・前澤ファンド同様、SINSOに出資している。

Poly Network 3.3万人フォロワー ・ブロックチェーンプロジェクト
MathWallet 50万人 ・100以上のブロックチェーンをサポートするウォレット。

・BINANCE Labからも出資を受けている。

Sigma0 1万人 メタバースプロジェクト

評判⑥SINSOはエアドロ実施で知名度も高まりつつある

SINSOは、2022年12月にエアドロップイベントを開催しました。

12月に行われた前澤友作氏がファウンダーのMZDAOが協賛として関わっています。

SINSOは、エアドロップを行ったことで、認知度を獲得しました。

実際に、SNS上ではSINSOのエアドロップに関する情報が出回っています。

エアドロップをもらった人は、トークン上場と同時に利益が出るので、良い口コミは今後もっと広まるでしょう。

また、執筆時点(2022/1/25)でもSINSOはエアドロップを実施しています。

評判⑦SINSOのサービスはすでに大企業への導入が決まっている

SINSOのサービスは、すでに大企業への導入が決まっています。

SINSO Getway®というレイヤー2サービスは、すでに開発が完了しているSINSOの看板サービスです。

web3の発展によってメタバースへの移行は決定的であり、メタバースはデータ要領を多く使うため、サーバーが「重く」なることが懸念されています。

独自の仕組みでデータのやり取りを高速化しているSINSO Getwayは、今後メタバースが普及する世の中で必要とされる技術です。

すでに、大企業への導入が決まっている実績があり、今後の評価は高まっていくでしょう。

評判⑧複数のサービスを提供しているので需要が増えると評判

SINSOは、複数のサービスを提供しています。
具体的には、現時点で

  • SINSO Getway®
  • Donors Network(ドナーネットワーク)
  • DAPP Cube(DAPPキューブ)
  • SINSO DAC
  • Data Land(データランド)

上記5つのサービスがあることがわかっています。

1つのサービスではなく複数のサービスを手がけることで、さまざまな企業・個人の需要に応えられます。
その結果、良い評判は増えていくでしょう。
また、複数のサービスを提供することで、「開発力が高い」という投資家の信頼に繋がります。

1つのサービスだけで手一杯なweb3系プロジェクトが多い中、複数のサービスを作れるSINSOは一歩リードしているとも言えます。

SINSOトークンの評判 まとめ

本記事では、SINSO(シンソ―)トークンの口コミ・評判を解説しました。

内容をまとめると、SINSOトークンは、

  • サービスを知っている大企業からの評価が高い
  • 機関投資家から多額の資金調達に成功
  • 個人投資家の間で話題になる直前であり、今後評判・口コミがもっと増える可能性大

上記の3つがSINSOトークンの評判に関する重要ポイントです。

SINSOトークンが気になっている方は、最新の情報を入手しましょう。

以下のSINSO公認特設サイトでは、SINSOに関する最新情報を確認できます。

SINSOの情報を見逃さないために、一度見ておきましょう。

SINSO公認特設サイトをチェック

SINSO(シンソー)トークンの評判は?最新の口コミや将来性を解説する!
タイトルとURLをコピーしました